上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
ストリッパー逃げて久しき劇場の細く冬陽が落ちる楽屋に

スポンサーサイト
03/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
そっくりであること深き咎として父と子長き影を曵きゆく

03/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
希わくは春。やわらかき土を踏み散骨ののちの静けさを往く

03/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
従業員通用口をあふれだす今宵廃業した天使たち

03/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ややきつく髪を束ねてゆく朝の表面張力こわれずにいる

03/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
手紙ひとつ書架にしのばせ図書室を出る いつかまたほどける陽射し

03/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
偉大なる鳥を舞わせてわが胸の高みいよいよ澄みますように

03/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
夏草に背を汚しつつ逆光の人にすべてをゆだねてしまう

03/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
告げるべきそして告げざるべきことを冬の鏡に眉引きながら

03/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
不揃いなこころを揺らしついてゆく石段ひとつひとつ数えて

03/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
カードキー挿せばしずかに回りだすふたり行方のない冬の夜

03/08|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
結ばれる予感に満ちて音程のかすかに狂う春の陽のなか

03/08|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
たどたどしくひかりはそそぐ水深き冬を歩いて逢いにゆくとき

03/08|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
鳥のように驚きやすきひとの掌に氷砂糖をしずかに落とす

03/08|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
やけに時代掛かって見える夕焼けが頭上にひろがるけど無関係

03/08|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
点として手を振る 駅は暮れながらちいさく深い痛みを負って

03/08|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
物語はじめるように暗がりにゆびを汚して分けあう果実

03/08|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
散り急ぐ癖をこらえて陽のめぐる墓地公園をふたりで歩く

03/08|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ひとつ置いて隣にすわるやさしさの雪よ遥かなその肩に降れ

03/08|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今し方、あなたの夢を。花墜ちて真夜の深みに何かを逃す

03/08|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
CREATORS BANK
プロフィール

ひぐらしひなつ

Author:ひぐらしひなつ
歌人。2003年、第一歌集『きりんのうた。』を出版。

公式サイト
Very Very WILD HEART
http://www2.spitz.net/hinatsu/

ブログ
さざめきたてるきみの抒情の
http://hinatsu.air-nifty.com/

カウンター
リンク
カテゴリー
AD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全ての記事を表示する
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。