上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
傾いてなにを羞しむ春浅き窓辺の椅子に季寄せ繰るとき
スポンサーサイト
09/19|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
残されて緑の蔭にシリアルを嚼めば五月は深まるばかり
09/19|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
夜更け毎メール交わせば降りつのる雨 すりきれるまでそばにいて
09/19|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
硝子窓磨いて待てば一通の書籍小包とどく春の日
09/19|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
病む人のうすき呼吸をたしかめて白き花瓶に挿す夏の花
09/19|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
踊場ですれちがうとき仄暗き胸のあたりに揺らめく陽射し
09/11|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
風邪ひきのわたくしのためきざまれて散り敷く葱のやさしいみどり
09/11|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ひとりごとめいた恋など転がして満ち足りている雪の一日は
09/11|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
CREATORS BANK
プロフィール

ひぐらしひなつ

Author:ひぐらしひなつ
歌人。2003年、第一歌集『きりんのうた。』を出版。

公式サイト
Very Very WILD HEART
http://www2.spitz.net/hinatsu/

ブログ
さざめきたてるきみの抒情の
http://hinatsu.air-nifty.com/

カウンター
リンク
カテゴリー
AD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全ての記事を表示する
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。