上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
手も振らず別れたひとは虹彩に二度と届かぬひかりだったね
スポンサーサイト
10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ほつれつつ過ごす午後にはおとうとの手袋に降る雪をかぞえて

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
来世また巡りあわずにいまここで遂げたき愛と思う鶏頭
10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
八月の陽射しに蒸せる叢を分けてちいさな墓碑が佇む
10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
あの庭の遠き薄暮のじゃんけんを花の赤さにぼんやり見てた

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
駅からを連れ添う月が群れたがるけものの熱をほどいてくれる

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ペットボトル逆さに振ってこの夏も告げずじまいの言葉を刻む

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日々空はうすく剥がれて忘却の遠き痛みに四肢を投げ出す

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
焼べられて役目を終える新聞は仏文学者の訃を告げたまま

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
画用紙にまだ鉛筆は触れなくて樹下の一際あかるい秋へ

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
薄青きコンタクトレンズふるえつつ死を映すもう幾つ目の死
10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
なにも着ないままで過ごせば怠惰なる肢体は秋の白磁のうつわ
10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
秋の茅かきわけてゆく午後の背は 空耳めかして愛を告げてよ
10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
その直後やさしい頬を翳らせてあなたは消える家の奥へと

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
成れの果てはいつも空しい 教室に正義めかして吐いた言葉の

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
眠れずに闇をかさねた鰭赤き金魚をきみの残像として

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
公孫樹散る頃もこうして逢えること雨そそぐ日もそこにいること

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
夏蜜柑、なつみかん、と呟いて 黄泉のあなたに逢いたい夜は

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
きさらぎの苦きひかりに朽ちながら手をのばすあなたの白き手に
10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
「SF」をセフレと読んで雨つたう窓ごと間延びする図書室は

10/31|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
きみに逢えばかすかに沈む天秤のこの秋だけの傾斜をたどる
10/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
利用者のひとりにまぎれ図書館の少女立像に会いにゆく
10/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
冬の陽がつくるかすかな陰影をしんと深めて凪ぐ水がある
10/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
陽のあたる庭石の上そわそわとひらく手紙にふりそそぐもの
10/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
てのひらの窪みに零す丸薬のひかり か細き雨は途切れず
10/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
環状線二周目となりなめらかに朽ちる夢へとつづくこの午後
10/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
路地を行けば相撲中継聞こえくる晩夏あなたがどこにもいない
10/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
巻きなおす毛糸かすかに痩せながら途切れることのない鎮魂歌
10/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この九月も友は帰らず廃屋に色褪せもせず残るカレンダー
10/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
遠くなるシャツの背中もひとむらの狐薊を濡らす驟雨も
10/18|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
CREATORS BANK
プロフィール

ひぐらしひなつ

Author:ひぐらしひなつ
歌人。2003年、第一歌集『きりんのうた。』を出版。

公式サイト
Very Very WILD HEART
http://www2.spitz.net/hinatsu/

ブログ
さざめきたてるきみの抒情の
http://hinatsu.air-nifty.com/

カウンター
リンク
カテゴリー
AD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全ての記事を表示する
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。