上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
またひとつ蝉を殺して硝子片ちらばる部屋に西陽を招く
スポンサーサイト

10/27|題詠100首作品コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
081:硝子のうた
9/8 久々にこちらを更新じっくりと味わいたいような作品がたくさんありました。これ以外にもいい作品をたくさん逃してしまっている気がする。反復の記号があって冬が来て曇る硝子にいつも描くこと西宮えり繰り返すこと。冬が来る。また硝子は曇る。そして、そのたびにいつも
2007/09/08(Sat) 22:48:50 |  花夢
CREATORS BANK
プロフィール

ひぐらしひなつ

Author:ひぐらしひなつ
歌人。2003年、第一歌集『きりんのうた。』を出版。

公式サイト
Very Very WILD HEART
http://www2.spitz.net/hinatsu/

ブログ
さざめきたてるきみの抒情の
http://hinatsu.air-nifty.com/

カウンター
リンク
カテゴリー
AD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全ての記事を表示する
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。